【2024年2月最新】フリーランスエージェントランキング▶

やよいの白色申告オンラインの評判・口コミは?無料の注意点も解説【2024年最新】

やよいの白色申告オンラインの評判・口コミは?無料の注意点も解説
  • URLをコピーしました!

<景品法人法に基づく表記>本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれている場合があります。

は「業界シェア1位の安心感」「ずっと無料で使える業界随一の料金プラン」「白色申告専用ソフトで安心」など、個人事業主から評判の高い会計ソフトです。

やよいの白色申告オンラインの総合評判

やよいの白色申告オンライン

総合評価
3.5


弥生シリーズのクラウド型白色申告専用ソフト。利用してもずっと利用料金無料(0円)の脅威のキャンペーンを実施しており白色申告であれば一択と言っても過言ではない。

こんな人におすすめ!
個人事業主の方
やよいの白色申告オンラインは個人事業主の確定申告を助ける便利なツールです。副業者や所得の低いフリーランスの方などには是非おすすめです。
白色申告をしたい方
やよいの白色申告オンラインは業界唯一無料で使える個人事業主向け白色申告専用ソフトで当サイトで最もおすすめしています。一方で青色申告の方が所得控除があるため、も同時に検討してみることをおすすめします。
クラウド型を探している方
やよいの白色申告オンラインは弥生会計シリーズのクラウド版ソフトウェアです。操作性も高くスマホアプリもあり使いやすさに定評があります。
初心者の方
白色申告そのものが青色申告と比べて簡易な作業で出来るため、初心者の方にはやよいの白色申告は使いやすいです。一方でデザイン性はが優勢です。
料金重視の方
業界随一の「ずっと無料」がやよいの白色申告オンラインです。では料金が発生するため白色申告の場合は一択です。

ずっと無料で白色申告なら一択/

一方で、類似サービスである「」や、競合他社である「」「」などと比較をしてみると、見落としがちなデメリットや注意点も見えてきます。

本記事では、このような導入前の失敗を回避できるように、SNS上での世の中の口コミや筆者自身の利用体験談、他社比較の結果を踏まえながら「やよいの白色申告オンラインの特徴やメリット・デメリット」を徹底解説していきます。

本記事はやよいの白色申告オンラインに特化し紹介していますが、当サイトで最もおすすめする会計ソフトを知りたい方は「会計ソフトおすすめ比較ランキング(個人・法人)」も合わせてご覧ください。

また青色申告も見たい、という方は「やよいの青色申告オンラインの評判」の記事も一緒にご覧ください。

会計ソフト比較の調査概要

当サイト「フリーダッシュ」では、おすすめの会計ソフト・経理ソフトサービス比較紹介にあたり、サービス選定における購買決定要因(Key buying factor)をもとに下記の調査基準で評価を実施しています。

1.調査概要

  • 調査期間:2023年2月~2024年2月
  • 調査方法:インターネット調査、SNS調査、独自インタビュー調査、体験談
  • 対象者:会計ソフトを利用した方(法人・個人事業主)

2.購買決定要因の考え方と評価基準

当サイトで定義する「会計ソフトを選ぶ上の購買決定要因(Key buying factor)」となる下記の観点を評価基準に設定し、個社別の評判・口コミから評点付けを実施しています。

  • クラウド型・インストール型の区分
  • 個人事業主・法人対応の区分
  • 無料プラン・有料プランの料金区分
    (無料お試し期間有無も含む)
  • 簿記初心者向けの使いやすさ(帳簿・仕訳)
  • スマホアプリの有無
  • 対応OS(windows・mac)
  • 税理士対応|市場シェア
  • アフターサポートの質(チャット・メール・電話など)

3.体験者による評価

当サイトではインターネット上の評判・口コミの情報を元に評価を実施していますが、そのうえで実際に利用した体験者(システムの導入、システム操作性/UI/UX、帳簿・仕訳、アフターサービスの印象、など)の感想や顧客体験をもとに「他の人にも勧めたいサービスであるか?」も含めて定量的なランキング付けを実施しています。

4.編集ポリシー

当サイトでは「コンテンツ編集・制作ポリシー」に従い、専門性・独自性・正確性を担保しながら調査を実施しています。

記事の信頼性
会計ソフトマニアが解説します!

記事の信頼性(筆者情報):フリーダッシュマン@freedashman
外資戦略コンサル(管理職)で経営戦略・M&A・フィナンシャルアドバイザリーなどのプロジェクトを多数経験し、フリーランスとして独立。個人事業主・会社経営者としても経験を持ち複数のクラウド型会計ソフトを使用。現在は、エージェント事業、コンサル事業、フリーランス向け(コンサル、エンジニア、デザイナーなど)の独立/開業相談、ブログ運営を行う。▶詳細プロフィール

コンサルフリー
コンサルフリー
目次

やよいの白申申告オンラインとは?

やよいの白色申告オンラインとは、会計業界シェア1位の弥生会計シリーズのクラウド型白色申告専用ソフトです。

まずは、商品の基本情報と運営会社である弥生株式会社が提供する弥生会計シリーズのラインナップを紹介します。

やよいの白色申告オンラインの基本情報

やよいの白色申告オンラインのリアルなサービス体験

やよいの白色申告オンラインは、業界シェアNo1の弥生会計が運営する白色申告特化型の会計ソフトです。

会計ソフト名
運営会社弥生株式会社
料金プラン
(年額)
フリープラン:無料
ベーシックプラン:初年度年額 4,600円、次年度年額 9,200円
トータルプラン: 初年度年額 8,400円、次年度年額 16,900円
無料特典
/キャンペーン
フリープランが完全無料
メリット総合シェア1位(半数以上が利用)
初心者でも使いやすい
デメリット仕様が少し古い
請求書や給与計算は別料金

やよいの白色申告オンラインの総合評価では、特に「業界シェア1位の導入実績」「ずっと無料の破格の料金プラン」で他社と比較し群を抜いています。

一方で、注意点としては、白色申告専用ソフトになるため、個人事業主・フリーランスの特典である青色申告特別控除最高65万円が受けられない点があります。

「青色申告と白色申告の違いは?どっちがいいのか?」は詳しく後述していきます。

青色申告ができない課題を考慮し相対的な総合評点としてはに対し低くなっています。

フリーダッシュマン

一方で、白色申告を必ずする!という方にはやよいの白色申告は是非おすすめしたいです!ずっと無料なのは業界随一のクラウドソフトなので、一択と考えても過言ではありません。

ずっと無料で白色申告なら一択/

弥生会計シリーズの商品ラインナップ一覧

運営会社の弥生株式会社は、中小企業・個人事業主・起業家向けに「弥生会計」「やよいの青色申告オンライン」「やよいの白色申告オンライン」をはじめとする業務ソフトウェアを提供しています。

サービス名サービス内容

個人事業主向けクラウド型の白色申告専用ソフト

個人事業主向けクラウド型の青色申告専用ソフト
>やよいの青色申告オンラインの評判・口コミを見る

法人向けクラウド型会計ソフト
>弥生会計オンラインの評判・口コミを見る

見積書・納品書・請求書の作成、管理可能なクラウドサービス

給与明細書作成のクラウドアプリ
やよいの青色申告 22個人事業主向けインストール型青色申告ソフト
弥生会計 22法人向け多機能型インストール型会計ソフト

弥生会計シリーズが会計freeeやマネーフォワードと違う点として、インストール型・クラウド型両方のサービスラインナップを提供している点です。

クラウド型インストール型の違い/

クラウド型会計ソフトは場所・端末に依存せずいつでもどこでもクラウド上で会計作業が可能になるメリットがありますが、サブスク課金のランニングコストが発生してしまう点がデメリットです。

一方で、PCインストール型会計ソフトはインターネット環境にも依存しない安定性があるメリットですが、買い切り型のためバージョンアップデートがしづらい点がデメリットになります。

ICT市場調査コンサルティングのMM総研(MMRI)が調査した「クラウド会計ソフトの利用状況調査」では、個人事業主のクラウド型会計ソフト利用者のうち、全体の役53.9%が弥生の利用者となっており、弥生はインストール型×クラウド型の両輪の強さにより業界を牽引していることがわかります。

MMRI クラウド会計ソフトの利用状況調査

また、やよいの青色申告オンラインを検討中の方で、「青色申告をしたい」「給与計算をしたい」「請求書作成もしたい」という方は、他製品や相性の良いオプションも一緒に検討することをおすすめします。

フリーダッシュマン

筆者の体験では、特に見積書・請求書・納品書はクラウドで作成した方が品質・効率性共に効果抜群だと思っています。現在キャンペーン中なので、気になる方は一緒に利用するのをおすすめします!

ずっと無料で白色申告なら一択/

白色申告と青色申告どっちがいいのか?違いと選ぶ基準

白色申告と青色申告どっちがいいのか?違いと選ぶ基準

個人事業主の確定申告は青色申告を選ぼう

白色申告をする前の注意点として、個人事業主の方はできれば「青色申告」を選びましょう。

  • 「青色申告」:超お得だけど準備が大変
  • 「白色申告」:準備が超楽だけど全然お得じゃない

という違うがあります。つまりは、「お金(お得さ)」をとるか「簡単さ(労力)」をとるかという事です。

個人事業主の確定申告は白色申告か青色申告か

青色申告は控除額65万円という節税効果最強の特典が付くため、お金を増やしたい場合は「青色申告」一択になります(筆者がフリーランスの開業相談でサポートしている人は100%青色申告を選択しています)

しかし、本記事で解説しているは白色申告に対応した会計ソフトであるため、青色申告専用ソフトであるを選ばなければいけません。

やよいの青色申告オンラインの評判や口コミについて知りたい方は下記記事も参考にしてください。

白色申告を選ぶべき人はこんな人

一方で白色申告をする主な対象者は下記になります。

  • 青色申告のように大変な作業をしたくない
  • 申告義務のない人(赤字事業者など)
  • 65万円控除の効力がそこまでない(売上が65万以下)
  • 通年の途中で会社員を退職し独立した人
  • 既に元の会社で源泉徴収をしている人

となり、該当する人は白色申告で問題なくとなります。

ただし、本年度は白色申告で対応しつつ、来年度は事業を拡大しお得な控除が受けられる青色申告に移れるよう準備もしておきましょう。

ずっと無料で白色申告なら一択/

やよいの白色申告オンラインの評判・口コミ

世の中のSNS(Twitter)や当サイトの独自調査による、やよいの白色申告オンラインの評判・口コミを見てみましょう。

良い評判・口コミ

フリーダッシュ(ここがすごい)
やよいの白色申告オンラインの良い評判
  • やよいの白色申告オンラインで帳簿つけ始めたけど、収支内訳作るならこれで十分
  • 帳簿付けの練習のために、「やよいの白色申告」使ってます

白色申告で最低限の収支作成や書類を作りたい人にとっては無料という利用しやすい料金も魅力ということがわかります。

青色申告を利用する人は、最高65万円所得控除が受けられますがそれ以下の収入の人であれば白色申告でも特段デメリットはありません。

特に確定申告や仕訳初心者の方はまず白色申告から始め、翌年に青色に挑戦する、という人も多いでようです。

ずっと無料で白色申告なら一択/

悪い評判・口コミ

やよいの白色申告オンラインの悪い評判
  • 2ヶ月分入力終わって気付いた・・このソフト、「やよいの白色申告」と書いてある
  • やよいの白色申告から青色申告に変更してみました

弥生シリーズの場合、青色申告専用と白色申告専用にソフトが分かれており、サービスの切り替えにめんどくささを感じる方もいるようです。

例えば、「」「」などでは青色×白色の両方に対応するソフトであるため、人によっては混乱する人もいる点は課題です。

白色申告から途中で青色申告に切り替える人もいます。

悪い口コミではありませんが、白色申告を始める→やっぱり青色申告の方が得だと感じた、という方も多いことがわかります。

やよいの白色申告オンラインのメリット【体験談付き】

世の中の評判や筆者の利用体験からわかった、やよいの白色申告オンラインのメリットは下記になります。

1. 業界シェア1位の実績と安心感

1987年に弥生シリーズは販売され、今やインストール型・クラウド型の両方を開発・展開する30年以上の老舗です。

やよい(弥生)の青色申告オンラインのメリット(他社との違いも含め)

そのため、弥生の業界シェアは驚愕の57%!つまりは2人に1人が使っている圧倒的なシェアを誇ります。

フリーダッシュマン

会計freeeやMFクラウドは「クラウド型」を専門とした企業である一方で、弥生は「インストール型」×「クラウド型」の二刀流のサービスライナップがある事から幅広い層に人気があることがわかりますね!

会計ソフトの個人事業主・法人のシェアについてもっと知りたい方は、別記事で調査データを基に分析しているためご覧ください。

2. 完全無料で使える格安の料金

やよいの白色申告オンラインの最大のメリットはずっと無料(完全無料)の料金プランにあります。

やよいの白色申告オンラインの料金プラン

会計freeeとMFクラウドでも白色申告対応ソフトがありますが、両社費用が発生するため、白色申告なら一択と言っても過言ではありません。

フリーダッシュマン

白色申告は青色申告と違い特典がないため少しでも費用を抑えることが重要です!そのため、0円で利用できるやよいの白色申告オンラインは最良の選択肢と言えます。

やよいのフリープランの場合完全無料の特典が受けられますが、ベーシックプランの場合でも半額の特典があります。

どのプランがいいか?に関しては「やよいの白色申告オンラインの料金プラン」にて後述しています。

3. 簿記知識のない初心者でも使いやすい

やよいの白色申告オンラインは、簿記や確定申告初心者でも使いやすいように設計されています。

筆者は法人経営者と個人事業主フリーランスの経験をしていますが、会計に関する膨大な作業を限られた時間と工数で処理することに大変苦労をしていました。

苦労した会計関連業務【実体験】 /

  • レシート・領収書の帳簿
  • レシート・領収書の管理・保管
  • 売上明細の帳簿(取引先・金額・発生時期など)
  • 見積書・請求書・納品書の作成・管理・保管
  • 銀行・クレジットカードの明細管理
  • 勘定科目の設定
  • 勘定科目の仕訳
  • 電子帳簿保存法への対応
  • インボイス制度の対応
  • 月間売上・経費・利益の計算
  • 売上・経費・利益の確認
  • 決算書類の作成
  • 確定申告書類の作成
  • 節税対策の考案、他

白色申告の作業は青色申告に比べて簡単ですが、それでもやはり初心者には苦労する点も多いです。

事業の家計簿である帳簿を作る際に、仕訳作業(取引内容を勘定科目に金額を分類する作業)で壁にぶつかる人は沢山います。

しかし、やよいの白色申告オンラインであれば下記のようにかんたん取引入力機能によりわかりやすい操作画面で簡単にできます。

弥生の青色申告オンラインの仕訳例

更には、クラウド型会計ソフトなどでは、銀行やクレジットカードと連携することで「勝手に仕分けしてくれる!」という驚異の時短機能があるんです。

弥生の青色申告の銀行口座連携の画面イメージ

ご覧のように、会計ソフトを導入する事で、日々の膨大な取引データを簡単に入力・管理できる点が最大のメリットになります。

会計ソフトを導入したメリットやデメリットの体験談についてもっと知りたい方は下記記事も参考にしてみてください。

4. 手厚いサポート体制で安心

やよいの青色申告オンラインがfreeeやMFクラウドと比較して圧倒的に勝っている点が、サポート体制の充実度です。

弥生は業界の老舗であることから業界最大規模のカスタマーセンター(座席数700席)を保有しており、実務教育を受けた質の高いスタッフが相談対応をしてくれます。

やよい(弥生)の青色申告オンラインのメリット(他社との違いも含め)

相談できる内容

  • 仕訳相談
  • 確定申告相談
  • 経理業務相談
  • 消費税改正業務相談
  • マイナンバー相談
  • 労務相談(やよいの給与明細オンライン利用時)

更に極めつけは、freeeやMFクラウドにはない「電話対応が含まれている」という点です。

フリーダッシュマン

筆者の体験では、会計ソフトを使う中で、導入前よりも導入後の方が使いこなせず悩むことが多いと思っています。そのため、ちょこっと相談したい、という時に電話ができるとなお便利ですね!

そうした中で、freeeやMFクラウドにはミドルクラスのプランには電話対応はありません。(上級プランだとありますがとてつもなく高いです)

一方で、弥生ではベーシックプラン以上にすれば電話で丁寧にサポートしてくれるんです。どの料金プランを選べばいいか?は後述しています。

ずっと無料で白色申告なら一択/

やよいの白色申告オンラインのデメリットと注意点【体験談付き】

世の中の評判や筆者の利用体験からわかった、やよいの白色申告オンラインのデメリットや注意点は下記になります。

1. フリープランではサポート機能が使えない

やよいの白色申告オンラインは3つのプランがありますが、最も安い(初年度無料)のフリープランではサポートが受けられない点はデメリットです。

料金プランフリープランベーシックプラントータルプラン
初年度無料(0円)4,600円/年8,400円/年
次年度無料(0円)9,200円/年16,800円/年
電話操作質問のみ操作質問+業務相談
メール操作質問のみ操作質問+業務相談
チャット操作質問のみ操作質問+業務相談

一方で会計freeeやMFクラウドの場合は、一番低い料金プランでもチャット機能だけはついています。

価格に関してはやよいの白色申告オンラインは群を抜いていますが、「チャットのサポート有り無し」は好みがあるので必ず確認が必要です。

フリーダッシュマン

料金だけでなく機能性・操作性・サポートなどの相対的な観点で会計ソフトを選ぶ事が重要です!総合的な観点でのおすすめランキングを知りたい方は「個人事業主向けおすすめ会計ソフト」も参考にしてみてください!

2. デザイン性が他社と比べると劣る

やよいの白色申告オンラインの画面デザインは会計freeeやMFクラウドと比べて少し臭い感じがします。

下記は主要3社のトップ画面のイメージです。

会計ソフト名画面イメージ
フリーダッシュマン

好みの問題もありますが、筆者の体験した感想では、初心者でもわかりやすくUI(ユーザーインターフェース)が開発されていると感じました。

会計freeeの場合は、ポップなデザインで初心者でもわかりやすいようにガイド機能がついていたり、ステップごとに解説も豊富です。

3. 青色申告に対応していない

やよいの白色申告オンラインはその名の通り、白色申告専用です。

そのため、青色申告で申請をしたいと思っても切り替えをしないといけないデメリットがあります。

弥生のオンラインシリーズには下記のような用途ごとにソフトを分けているため、今一度自分がどのような機能を求めているのか?を精査したうえで商品を選ぶことに注意が必要です。

用途サービス名サービス内容/料金
白色申告ソフト
機能:白色申告書類作成・帳簿/仕訳が可能

料金:ずっと無料
青色申告ソフト
機能:青色申告書類作成・帳簿/仕訳が可能
料金
・初年度 0円
・次年度 8,800円
※セルフプランの場合
請求書ソフト
機能:見積書・請求書・納品書作成・管理が可能
料金
・初年度 0円
・次年度 8,000円
※プラン15の場合
給与計算ソフト
機能:給与明細作成が可能
料金
・初年度 0円
・次年度 5,400円
※セルフプランの場合
フリーダッシュマン

青色申告が難しい、と思って白色申告にする人がいるなら「絶対青色申告にした方が良いです」。なぜなら、白色申告でも青色申告でも会計ソフトを使ってしまえばそこまで大変さは変わらないからです!

ずっと無料で白色申告なら一択/

やよいの白色申告と競合他社との違いを比較(会計フリー・MFクラウド)

やよいの白色申告オンラインが競合他社と比べてどのような差別化要因(ポイント)があるか解説します。

比較調査では、会計ソフトを選ぶ上での購買決定要因(Key Buying Factor)と考えられる評価基準をもとに、下記主要サービスを比較しています。

  • やよいの白色申告オンライン
  • 会計フリー(白色申告)
  • マネーフォワードクラウド会計(白色申告)
2024年2月最新
個人事業主向け 白色申告
クラウド型会計ソフト比較一覧
スクロールできます
会計ソフト評判・口コミ導入実績操作性デザイン性多機能性スマホ連携価格
やよいの白色申告オンライン
評判総合シェア1位
(半数以上が利用)
初心者でも使いやすい少し古い印象請求書や給与計算は別料金スマホアプリ
も連携可能
業界最安
(無料)
会計ソフトfreee(フリー)
評判クラウド型
シェア1位
初心者でも使いやすい分かりやすい
デザイン
請求書や給与計算は別料金スマホアプリ
も連携可能
料金発生
マネーフォワードクラウド会計
評判シェアは3位経理経験ある人向け
(帳簿が難しい)
分かりやすい
デザイン
請求書・給与管理ソフトも込みで使えるスマホアプリ
も連携可能
料金発生

比較してわかった各社の違いと傾向

特に、白色申告ソフトの場合のKBF(購買決定要因)の最も重要な指標は「価格」となります。

白色申告ソフトの人気各社を比べると、機能性や操作性は大きく変わりませんが、「料金」においてダントツのメリットがあるのがです。

一方で、デザインで選ぶなら「」、請求書や給与計算を含めた多機能性で選ぶなら「」となりますが、やはり料金が発生してしまう点で劣勢となります。

ずっと無料で白色申告なら一択/

当サイトで最もおススメする会計ソフトを知りたい方は「会計ソフトおすすめ人気ランキング徹底比較」の下記記事も一緒にご覧ください。

やよいの白色申告オンラインの料金プラン

やよいの白色申告オンラインの料金プランと種類を見てみましょう

個人事業主はどの料金プランが良い?

個人事業主向けの料金プランは大きく3種類あります。

やよいの白色申告オンラインの料金プラン

確定申告初心者は「フリープラン」をおすすめします。

  • サポートなしの自力する:フリープラン
  • 操作のサポートが欲しい:ベーシックプラン
  • 業務相談までしたい:トータルプラン

が3つのプランの違いですが、白色申告はそもそも特典が全くないため1円でもお金をかけると損になります。

そのため、ずっと無料の白色申告、を使わない手はないです。

フリーダッシュマン

むしろ、白色申告時には無料で利用して、青色申告に時に利用料を払うという方がコストメリットは高いです!

無料プランはある?

やよいの白色申告オンラインの無料プランはフリープランを選べば「完全無料」です。

また、ベーシックプラン以上でも半額特典が受けられるためサポートを求める方は検討してみましょう。

やよいの白色申告オンラインの無料プラン概要
  • フリープランであれば、完全無料(0円)
  • ベーシックプラン以上であれば、初年度半額

ずっと無料で白色申告なら一択/

会計ソフトを無料で利用する裏ワザを知りたい方は下記記事も参考にしてみてください。

【結論】やよいの白色申告オンラインはこんな人におすすめ!

競合との他社比較を踏まえ、結論として、やよいの白色申告オンラインがおすすめな人おすすめではない人が使うべき他社サービスを紹介します。

フリーダッシュマン

会計ソフトは利用者の用途や状況に応じ、満足度の高い人とそうでない人に分かれるため、どの商品が自分に最適なのか?確認してみてください!

やよいの白色申告オンラインがおすすめな人

こんな人におすすめ!
個人事業主の方
やよいの白色申告オンラインは個人事業主の確定申告を助ける便利なツールです。副業者や所得の低いフリーランスの方などには是非おすすめです。
白色申告をしたい方
やよいの白色申告オンラインは業界唯一無料で使える個人事業主向け白色申告専用ソフトで当サイトで最もおすすめしています。一方で青色申告の方が所得控除があるため、も同時に検討してみることをおすすめします。
クラウド型を探している方
やよいの白色申告オンラインは弥生会計シリーズのクラウド版ソフトウェアです。操作性も高くスマホアプリもあり使いやすさに定評があります。
初心者の方
白色申告そのものが青色申告と比べて簡易な作業で出来るため、初心者の方にはやよいの白色申告は使いやすいです。一方でデザイン性はが優勢です。
料金重視の方
業界随一の「ずっと無料」がやよいの白色申告オンラインです。では料金が発生するため白色申告の場合は一択です。

ずっと無料で白色申告なら一択/

おすすめでない人向けの他サービス紹介

やよいの白色申告オンラインがおすすめでない人(向いていない人)は、類似する下記のサービスも検討してみましょう。

特に、弥生株式会社が提供する青色申告専用の「」や、初心者から人気の高い「」や「」もおすすめです。

青色申告をしたい人向け

やよいの青色申告オンライン:青色申告をしたい人向け

やよいの青色申告オンライン

1位
5.0


弥生シリーズのクラウド型青色申告専用ソフト。国内シェアNo1の会計ソフトでダントツの安心感と実績。初年度無料 or 半額の業界価格を覆す脅威のキャンペーンを実施しており人気急上昇中のサービス。

\初年度無料か半額キャンペーン実施中/

デザインとスマホ操作性重視な人向け

会計フリー(freee):デザインとスマホ操作性重視な人向け

会計ソフトfreee(フリー)

2位
4.5


freeeが運営する青色申告・白色申告に対応のクラウド会計ソフト。簿記初心者でも簡単に利用できるシンプルな操作性とスマホアプリの利便性が高い。

\お試し期間あり/

多機能性重視の人向け

マネーフォワードクラウド確定申告:多機能性重視の人向け

MFクラウド確定申告

3位
4.5


家計簿アプリ(マネーフォワードME)で有名なマネーフォワードが運営する青色申告・白色申告対応のクラウド会計ソフト。経理担当者向けの本格派クラウド会計ソフトで多機能性が抜群のサービス。

\1カ月無料試し期間あり/

まとめ

最後にまとめです。

やよいの白色申告オンラインの評判や体験談からわかったメリット・デメリットを振り返りましょう。

やよいの白色申告オンラインの総合評判

やよいの白色申告オンライン

総合評価
3.5


弥生シリーズのクラウド型白色申告専用ソフト。利用してもずっと利用料金無料(0円)の脅威のキャンペーンを実施しており白色申告であれば一択と言っても過言ではない。

ずっと無料で白色申告なら一択/

税金に関する関連記事

会計ソフトと密接に関係するのが税金です。特に確定申告初心者などの方は会計ソフト選びをしながらも、税金の基礎知識を身につけておくといいですよ。

やよいの白色申告オンラインの評判・口コミは?無料の注意点も解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次