【2024年6月最新】フリーランスエージェントランキング▶

スキル不足のフリーランスエンジニア必見!習得すべき必要なスキル一覧

スキル不足のフリーランスエンジニア必見!習得すべき必要なスキル一覧
  • URLをコピーしました!

<景品法人法に基づく表記>本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれている場合があります。

スキル不足のフリーランスエンジニアが陥る最悪のケースは「仕事がなくなること」です。

内閣官房日本経済再生総合事務局が調査した「フリーランス実態調査」によると、フリーランスとして働いている人の約59%が「収入が低い・安定しない」ことに悩んでいる結果が出ています。

フリーランスの仕事|Midworksのメリット・デメリット
引用:内閣官房日本経済再生総合事務局 フリーランス実態調査

スキル不足のフリーランスはこのように仕事がなくなるリスクが高く、計画的なスキルアップに努めなければいけません。

フリーランスエンジニアに必要なスキル一覧

早速結論ですが、フリーランスエンジニアに必要なスキルは下記となります。

  1. 自己管理能力
  2. セルフブランディング能力
  3. プログラミング言語・技術スキル
  4. 案件獲得(営業・交渉・契約)スキル
  5. 税金・確定申告・社会保険の基礎知識

本記事では、これからどのようなフリーランスエンジニアのスキルを身につけるべきか悩んでいる方へ「必要となるスキル」を一覧形式で紹介していきます。

スキル習得と一緒に仕事探しも!
おすすめフリーランスエージェント

レバテックフリーランス

総合評価
5.0

業界最強の認知度で登録者数20万人のIT/WEBエンジニア専門エージェント。登録すると業界最大級の求人案件数5,000件以上をカバーできるようになる。

業界最大級の求人を探す/

PE-BANK(pebank)

総合評価
4.5

全国の地方案件のカバー率No.1の30年以上の業界の老舗エージェント。実務経験2年以上の方や地方フリーランスはMUST登録!と評判や口コミも高い。

\業界最大級の全国地域エリアに対応

ギークスジョブ

総合評価
4.5

リモートワーク80%以上で平均年収867万円と業界トップクラス。業界大手かつ最高単価を実現した人気のエージェント

\業界トップクラスの高単価

フリーランスエージェントは個人IT/WEBエンジニアの安定的な仕事を供給してくれる重要なパートナーの存在です。自分にピッタリ合うエージェントを「フリーランスエージェントおすすめ比較ランキング」で探してみてください。

執筆者

フリーダッシュマン

フリーダッシュ運営者


外資コンサルティングファーム(管理職)にて経営戦略やIT・DX戦略を数多く手掛ける。その後、独学でIT/WEBエンジニアリングスキルを養いフリーランスとして独立。実体験として数十社以上のフリーランスエージェントを利用した経験がある。現在は、自らもエージェント会社を経営し年間100人以上のフリーランスエンジニア・コンサルタント・デザイナーなどと面談をしている。フリーダッシュでは「フリーランスの立場」×「エージェントの立場」の両側の課題を認識した専門家として情報発信を行う。

フリーランスの高額案件ならコンサルフリー
フリーランスの高額案件ならコンサルフリー
目次

フリーランスエンジニアに必要なスキル一覧

フリーランスエンジニアになるための必要なスキルはこれ!

フリーランスエンジニアでやっていくために求められる最低限のスキルは5つあります。

1. 自己管理能力

フリーランスになると、事業を継続していくために必要なすべてのことを「自分」で行います。

フリーランスのする事 全体像

フリーランスエンジニアといえども、ひとりで事業を行う立派な個人経営者です。そのため、経営・営業・マーケティング・会計・税務・保険・IT・デザイン・コミュニティ形成など多面的な事象に対して、対応する力とそれらを管理する能力が求められます。

独立後フリーランスでよくいるのが、「エンジニア以外のことは知らない」「エンジニア以外のことは興味がない」という人など、無駄な出費や税金で利益損失をしているケースです。

そうした失敗をしないよう、自分の周りにある様々な事象を的確にコントロールする自己管理能力や視野が必要になります。

2. セルフブランディング能力

フリーランスエンジニアは会社の肩書を取り払い、「自分ブランド」で仕事をする業界です。

会社員の時は、会社の資本やブランド力でクライアントから一定の信頼を得て案件獲得していたと思います。しかし、フリーランスの場合は、自分のスキル、経歴、経験、人脈などで顧客から信頼を勝ち取り報酬をいただくことが大前提です。

そのため、常に自分を商品であると捉えブランディングしていく事が重要です。

3. プログラミング言語・技術スキル

フリーランスエンジニアとして仕事を獲得するために、必要最低限のプログラミング言語は必須です。

ITコンサル、開発PM.PL、PMOでさえも、エンジニア周辺領域の仕事をしたい場合は、プロジェクトに必要な言語を知る知らないでは大きな差が生まれます。

発注者目線では、浅いプログラミング言語の実績がある人よりも、深く専門的なプログラミング言語を知っている人に高い報酬と継続的な案件を紹介します。フリーランスエンジニアで独立した方は凄腕が多いため、その競争率はより増します。

自分がやりたいテクニカルスキルを戦略的に習得し、実績を積むことが案件獲得に極めて重要となります。

言語を選ぶ際は、自分がやりたい事を発端にフリーランスの需要・流行性などを加味し単価相場をしっておきましょう。

4. 案件獲得(営業・交渉)スキル

フリーランスエンジニアとして仕事を獲得するためには、「①自らが営業をする場合」「②エージェントを利用する場合」の大きく2種類があります。

いずれの選択にせよ、自分で案件を探す→交渉・提案→受注→プロジェクトアサイン→稼働→報酬受取、の流れは変わらず、一連の案件獲得スキルが必要です。

①自らが直接営業をする場合

②エージェントを利用する場合

5. 税金・確定申告・社会保険の基礎知識

フリーランスエンジニアとして独立すると、その年から税金・社会保険は全て自分で事務的処理をすることが求められます。

\ 独立後の個人事業主フリーランスがやる事 /
  • 税務署への開業届・青色申告控除申請書の提出
  • 社会保険の切り替え(健康保険から国民年金健康保険)
  • 確定申告の書類準備・提出
  • 各種税金(所得税・住民税・事業税など)の納付

特に確定申告ですが、年間20万円以上の収入が出た場合は必ず申告をします。

確定申告忘れは脱税にもつながり大きなリスクがあるため、会計ソフトなどを用い準備をすることが重要です。

職種別のフリーランスエンジニアに必要なスキル

フリーランスエンジニアの仕事・案件種類別に必要なスキル

フリーランスエンジニアに求めらるスキルは、求人案件や職種により異なります。

下記は、人気エージェントであるの職種別の月額単価をもとに、求められるスキルや言語を振り分けた一覧です。

ご覧のように、職種により収入が違い必要なスキルや経験も異なってきます。

スクロールできます
職種名月額相場年収相場必要なプログラミング言語・スキル
ITコンサルタント93.11,117コンサルティングスキル、パッケージ製品の理解など
プロジェクトマネージャー(PM)80.9971プロジェクトマネジメントスキル
データサイエンティスト78.8946Python, R、SQL、Go、Java、F#、MATLAB
PMO75.1901PMOスキル
セキュリティエンジニア74.5894PHP、JavaScript、C言語・C++、Python
(コーディングはメインでない)
iOSエンジニア74888Objective-C、Swift
Androidエンジニア72.6871Java,Kotlin、C#
アプリケーションエンジニア72.3868業務系:Java、C/C#、PHP、Web系:PHP、Ruby
社内SE71.5858基幹システム:Java、C言語、EC:Ruby、PHP、HTML、Javascript
データベースエンジニア71.1853Oracle、SQL、R、Python、Shell、Powershell
インフラエンジニア70.6847Java、JavaScript、PHP、Go、Node.js、​​Shell、Powershell、AWS
Webディレクター69.9839HTML5、CSS、JavaScript、CMS
フロントエンジニア68.7824HTML5、CSS、JavaScript
組み込み・制御エンジニア68.5822C、C++、Java
サーバーサイドエンジニア67.5810Python、GO、PHP、C#
クライアントエンジニア66.3796C++、C#、Objective-C、Swift、Java
ネットワークエンジニア66792Python、JavaScript、Ruby、Java
月額単価は情報をもとに対応言語を追加して作成

すべての言語を習得する必要はありませんが、特に自分がやりたい仕事で求められるスキル=仕事の受注率との関係性を持つことを知っておきましょう。

プログラマー

Java/PHP/Pythonなどのプログラミング言語を用いて、クライアントが要望するシステム開発構築を行う職業です。システムエンジニア(SE)の仕様書をもとに、要件を充足するプログラムのコーディングをすることが仕事です。

案件により求められるプログラミング言語が異なります。

案件種類プログラミング言語(例)
システム開発系Java/C言語/C#/Python/C++,etc
Webサイト系CSS/HTML/Javascript/PHP/CMS,etc
スマホ・アプリ開発系Go/Java/Kotlin/Swift,etc
先端技術・アナリティクス系R,Python,etc
自動化系VBA/Python/C#,etc
求められるスキル・仕事内容(例)
  • プログラミング言語、コーディングスキル(案件見合い)
  • クライアントとのコミュニケーション(システム開発における要望ヒアリング)
  • SE(システムエンジニア)とのコミュニケーション
  • バグ発生時の対応
  • テスト
  • 開発
案件例:公式案件より

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアはシステム開発における中核的の存在です。クライアントの要望に合わせ、システム設計やシステム要件定義、システム動作確認などを行います。

プログラマーとの協力し納期までに開発を行う重要な存在です。

求められるスキル・仕事内容(例)
  • クライアントコミュニケーション(ヒアリング)
  • マネジメントスキル(スケジュール調整、リソース調整、PGへの指示)
  • 要件定義策定
  • 基本設計・詳細設計
  • プログラミング/コーディング(PGのサポート)
  • 動作確認テスト

Webエンジニア

Webサイトに関する業務を行う職種です。Webサイト制作、Webアプリ、Webサービスなど多岐に渡る職種があります。

Webエンジニアには「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」「サーバーサイドエンジニア」などWebの領域により仕事内容が異なるため、求人案件要項を確認しスキルの過不足を確認することが重要です。

求められるスキル・仕事内容(例)
  • プログラミング言語スキル
    • フロントエンド:HTML,CSS,JavaScriptなど
    • バックエンド:PHP,Ruby,Java,SQLなど
  • レシポンシブデザインの知識(Webサイト、スマホに対応したデザイン)
  • コミュニケーションスキル

PMO

プロジェクトの管理統制の役割をし、PMの手助けをする役割です。プロジェクトの要になるため、75.1万と高額になります。

PMがプロジェクト全体の指揮官に対し、PMOはあくまで補佐的な位置づけであり、支援型・管理型・指揮型に役割責任が更に別れ案件単価が異なってきます

求められるスキル・仕事内容(例)
  • マネジメントスキル・リーダーシップ
  • コミュニケーションスキル
  • 課題・リスク管理能力
  • 進捗管理能力
  • 資料作成能力
公式案件より

プロジェクトマネージャー(PM)

プロジェクトマネージャーはシステム設計・開発におけるプロジェクト全体の指揮官の役割です。月額単価80.9万円と高額になります。

プロジェクト全体を成功に導くために、統制力や課題発見力、マネジメントコミュニケーションなどが求められます。

求められるスキル・仕事内容(例)
  • システム開発・導入における経験と実績
  • マネジメントスキル・リーダーシップ
  • コミュニケーションスキル
  • プレゼンテーションスキル
公式案件より

ITコンサルタント

経営課題をITを駆使して解決するコンサルティング職種です。平均単価は93.1万と最も高額となります。

IT戦略、グランドデザイン、ロードマップ策定、要件定義など、上流工程からプロジェクトに参画しシステム導入などの全体リードを行う事もあります。

よくITコンサルタントとエンジニアの違いが問われますが、ITコンサルは経営課題に向き合い上流工程から関与するのに対し、エンジニアはシステム導入・開発を計画的に確実に実装まで落とし込むことがミッションになります。

求められるスキル・仕事内容(例)
  • 上流工程のITプロジェクトの経験と知見
  • ITやデジタルに対するトレンドへの認識
  • クライアントコミュニケーション
  • 課題解決能力
  • 論理的思考力
  • 資料作成能力
公式案件より

スキル不足のフリーランスエンジニアはどうなる?

スキル不足だとフリーランスの世界は厳しいのが現実(独立前に現実を見よう)

フリーランスになると、会社員時代よりも高い報酬や自由な働き方を手に入れる事ができます。

一方で、全ての人ができるわけではなく、十分なスキルセットを持たず不足している状態で独立して「後悔してしまった」という人が多いのも事実です。

未経験は厳しいのが現実

最も多いのが、「未経験でとりえずフリーランスとして独立しました」というケースです。

フリーランスの求人案件では、未経験歓迎、などの案件はないことはないのですが、決して高い報酬は期待できません。未経験からフリーランスエンジニアとして成功している人は、陰で不足しているスキルを勉強・習得し、十分にパフォーマンスを発揮できる状態まで努力をしている人のみです。

そのため、未経験の場合かつスキルセットが十分でない人は、相当な覚悟を持って独立をする必要があります。

案件が紹介されない・低単価案件ばかりになる

フリーランスの世界は、「自分ブランドで闘う市場」です。そのため、あなたのスキルが市場全体の中で優秀なものなのか?劣っているものなのか?をシビアに見られます。

スキルや経験が不十分である場合、仮に初段階の案件が獲得できても、「継続案件がない」「単価が下げられてしまった」「単価が思うように上がっていかない」というケースに陥ります。

一方で、スキルや経験を着実にパワーアップさせている人は、青天井的に報酬があがり市場価値が高くなっていくのがフリーランス市場です。

ただし、テンションを下げる必要はありません。

なぜなら、逆に言えば「スキルや経験さえしっかり積めば青天井的に収入が爆上げできる」という事なんです。だからこそ、独立前・独立後でも常にスキルアップに努めることが重要なんです。

フリーランスエンジニアのスキルアップ方法

フリーランスエンジニアになりたい人や、現在フリーランスだけど売上に歯止めがかかっている人向けに、ステップアップするための戦略的スキルを紹介します。中長期的なキャリアを描きながらスキルを習得していくことで、単価アップをしていきましょう。

市場の単価相場を読むスキル

フリーランスエンジニアは「あなたの値段はいくらですか?」と常に自問自答し価格を上昇させることが単価アップの秘訣です。

ビジネスの基本として、モノの価値があがるためには「需要>供給(欲しい人が多く、対応できる人が少ない状態)」の領域で希少性を持つことで成り立ちます。

そのため、エンジニアリングスキルといっても数百のプログラミング言語や、エンジニアの働き方があるため、需要と供給のバランスを見て単価が上がりやすい方向に柔軟に対応できる能力が重要です。

下記記事で、「単価相場」「求人数」「流行性」の観点で相場を見ていますので気になる方は見てみてください。

上流工程の経験や高い専門性

フリーランスエンジニアの単価はより上流工程の職種になるほど、収入が高い傾向にあります。

より経営に近いコンサルタントのスキルを有するほど単価は2倍、3倍と跳ね上がるため上級者はコンサルティングスキルを身につけると幅が広がります。

人脈形成力(イベント・セミナー・SNS活用など)

フリーランスの単価を上げるために、希少性の高い専門性の獲得と、顧客との距離を縮めていくことも行いましょう。(下図の横軸を右側にしていくイメージ)

高単価フリーランスになるためにどんな専門性があったとしても、顧客との距離が遠いと案件の手取りが少なくなり高収入になれません。

そのため、既に持っている人脈や、イベント・セミナー・SNSなどに積極的に参加し発信する事で、自分を買ってくれるクライアントを直接探す行動力と人脈形成力がとても重要です。

まとめ

最後にまとめです。

フリーランスエンジニアへの独立を考えている人は、スキルやお金のことが不安な気持ちと、やりたい事ができるというワクワクで、不安と期待が入り混じっている状態かと思います。(僕は独立する時そうでした)

しかし、しっかりと自分に必要なスキル、足りないスキルを知り、それらを補う努力をすれば必ず結果に結びつくはずです。

フリーランスエンジニアに必要なスキル一覧

早速結論ですが、フリーランスエンジニアに必要なスキルは下記となります。

  1. 自己管理能力
  2. セルフブランディング能力
  3. プログラミング言語・技術スキル
  4. 案件獲得(営業・交渉・契約)スキル
  5. 税金・確定申告・社会保険の基礎知識
スキル不足のフリーランスエンジニア必見!習得すべき必要なスキル一覧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次