【2024年5月最新】フリーランスエージェントランキング▶

ファクタリングの審査基準・審査に落ちる理由や通りやすくする方法

ファクタリングの審査基準・審査に落ちる理由や通りやすくする方法
  • URLをコピーしました!

<景品法人法に基づく表記>本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれている場合があります。

ファクタリングサービスの審査基準には「利用者の信用力」「売掛先の信用力」「売掛金の支払い日」「売掛先との取引間」「売掛金額」があります。

正しく審査基準を知らないと「審査に落ちてしまった」「審査に通りやすいと聞いていたのに落ちた理由がわからない」など、売掛債権を期日前に現金化するスピードが肝となるファクタリングで失敗をしてしまいます。

本記事では、このような疑問を解決するために「ファクタリングの審査基準」「落ちる・通らない理由」「審査通過率を上げる方法」を解説していきます。

フリーダッシュマン

成長のための資金調達の手段として、ファクタリングが注目を集めていると中小企業庁からレポートが出ているよ!

▼2020年4月債権法改正

2020年の債権法改正によって、ファクタリングを活用した資金調達がしやすくなったという背景があります。参考:法務省

ファクタリング(Factoring)とは、事業者が保有する売掛債権をファクタリング会社に期日前に売却することで早期の現金化ができる、中小企業法人や個人事業主の資金調達の一手段です。金融庁が公開する「ファクタリングに関する注意喚起」では、ファクタリング利用に伴い注意を警告しているため利用前に必ず確認しましょう。

執筆者

フリーダッシュマン

フリーダッシュ運営者


外資戦略コンサル(管理職)として、M&A・事業再生・JV設立など企業支援を行い現在は会社経営者として独立。ベンチャー企業への資金調達アドバイザリも行う。個人事業主や法人経営の経験を持ち、現在は、エージェント事業、経営戦略コンサル事業、フリーランス向け(コンサル、エンジニア、デザイナーなど)の独立/開業相談、ブログ運営を行う。

▼おすすめファクタリングサービス

ファクタリングサービスを選ぶ上で重要となる「運営会社情報」「手数料」「買取可能額(下限・上限)」「入金スピード」「審査通過率」「2社間・3社間の種類」別にランキング形式で比較したい方は「ファクタリング会社おすすめ比較ランキング」も合わせてお読みください。

2023年5月~2024年5月

]
人気のファクタリングトップ3

QUQUMO(ククモ)

総合評価
5.0

は業界最安値の手数料1%~14.8%で最短2時間の資金調達ができるファクタリングサービス。当サイトで最もおすすめしている人気ファクタリング会社。

  • 対象:法人・個人事業主
  • 手数料:最低1%~14.8%
  • 種類:2社間に対応
  • 買取金額:下限・上限なし
  • 契約方法:オンライン

手数料1%の業界最安で大人気/

ビートレーディング

総合評価
4.5

は累計取扱高900億円、取引件数3.7万社の国内最大級のファクタリング会社。東京・仙台・大阪・福岡に拠点があり全国対応が可能

  • 対象:法人・個人事業主
  • 手数料:最低2%~
  • 種類:2社間・3社間に対応
  • 買取金額:無制限
  • 契約方法:オンライン・対面

業界最大級の顧客満足度No1の安心感/

日本中小企業金融サポート機構ロゴ

総合評価
4.5

は一般社団法人の非営利団体が運営する安心のファクタリングサービス。最短30分のスピード調達で審査通過率95%以上と高い人気がある。

  • 対象:法人・個人事業主
  • 手数料:最低1.5%~
  • 種類:2社間・3社間に対応
  • 買取金額:下限・上限なし
  • 契約方法:オンライン・郵送

手数料1.5%の非営利団体の安心感/

フリーランスの高額案件ならコンサルフリー
フリーランスの高額案件ならコンサルフリー
目次

ファクタリングとは?

ファクタリング(factoring)とは、法人や個人事業主の資金調達の一つとして、事業者が保有する売掛債権等を期日前にファクタリング会社に売却するサービスです。

ファクタリング(factoring)とは?

法的には債権の売買(債権譲渡)契約になります。売掛債権とは、商品やサービスを販売した事業者が顧客に請求できる権利のことです。

ファクタリングの仕組みには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」があります。

2社間ファクタリング

2社間(二社間)ファクタリングとは、「利用者(ファクタリングサービスを利用する会社または個人事業主」「ファクタリング会社」のみで取引を行う仕組みになります。

2社間ファクタリングの仕組み
メリット取引先(売掛先)への通知が不要・バレない
申し込みから現金化の手続きが早い
デメリット手数料が3社間ファクタリングより高い
債権譲渡登記が必要

上表のように、2社間ファクタリングは取引先にファクタリングサービス利用の通知や承諾がいらない事から、売掛先にファクタリング利用がバレたくない個人事業主の自営業やフリーランスの方が多く利用されています。

3社間ファクタリング

3社間(三社間)ファクタリングとは、「利用者(ファクタリングサービスを利用する会社または個人事業主」「ファクタリング会社」「取引先(売掛先)」の3社で取引を行う仕組みになります。

2社間との大きな違いは、取引先(売掛先)に通知・承諾を得る必要がある点です。

3社間ファクタリングの仕組み
メリット手数料が2社間ファクタリングより安い
取引の透明性がある
デメリット申し込みから現金化の手続きが遅い
売掛先に通知され承認が必要(バレる)

3社間ファクタリングの場合は債権譲渡通知書を取引先(売掛先)の企業に通知する事で、取引の透明性を担保します。

2社間・3社間ファクタリングの違い

2社間・3社間ファクタリングの違いは「仕組み」「売掛先への通知有無」「手数料」「現金化の早さ(スピード)」「審査通過率」「必要書類」「債権譲渡登記有無」「償還請求権有無」で異なり、それぞれメリット・デメリットがあります。詳しくは下記記事を参考にしてください。

ファクタリングの審査基準

ファクタリングの審査基準は下記があります。

1. 利用者の信頼性

ファクタリングは利用者の売掛債権を期日より前に現金化する資金調達の手段であり、ファクタリング会社が一定のリスクを負い成り立つサービスです。

そのため、ファクタリングサービスを利用する中小零細企業法人や個人事業主フリーランス・自営業者などの利用者自身の信頼性が大前提として必要になります。

ファクタリングは銀行融資と違い信用情報や経営状況は影響しませんが、特に下記の点は信頼度を図られることがあります。

利用者の信頼性が見られるポイント
  • 必要書類が過不足なく提出できているか?
  • 売掛先(取引先)と継続した取引があるか?
  • 売掛債権がある事を証明できるか?(請求書・契約書など)

特に、実態のない売掛債権を掲示する場合はファクタリング会社はサービスを提供してくれないため注意しましょう。

2. 売掛先の信用力

ファクタリングサービスは簡単に言えば、売掛先(取引先)の代わりにファクタリング会社が利用者に現金を先払いするようなイメージです。

そのため、ファクタリング会社からすると売掛先(取引先)の支払い能力は未回収リスクと密接に関係する重要な判断材料になります。

つまり、公的機関や大手・上場企業などが売掛先であった方が安心して取引ができます。

また、取引企業が借金や税金滞納などをしている場合は差し押さえなど発生リスクがあるため、審査に大きく影響していきます。

差し押さえは売掛債権も対象になるため注意が必要です。

3. 売掛金の支払い日

売掛先から支払われる予定の支払期日の期間が短い場合、審査は通りやすくなります。

建設業などの大きな金額を取り扱う業界では長い期間での支払いサイトになるため特に注意が必要です。

一方で、自営業・フリーランスなどの個人事業主の方は比較的少額で支払いサイトが短いことも多いため、ファクタリングの対象となる売掛債権はより短いものを選ぶようにしましょう。

4. 売掛先との取引期間

取引においてファクタリングの利用者と取引先のそれぞれの信用力が審査基準であると解説しましたが、それぞれの関係性がどれだけ強固であるかも基準になりえます。

特に、継続的な取引をしている関係性であれば対外的に見て信用力が高まります。

悪徳業者などでは架空の見せかけの売掛金(不良債権)の場合も存在するため、まずは対外的に見て関係性が示せる売掛債権を対象としましょう。

5. 売掛対象金額

ファクタリング会社の利益は、利用者の売掛債権を売却し手数料を差し引き早期に現金化することが収益源です。

そのため、ファクタリング会社では少額利用の場合は不可、買取可能額の下限はいくらから、などと定めている場合が多いです。

下記は人気のファクタリング会社別の買取り可能額の比較一覧表です。

ファクタリング業者買取可能額
下限・上限なし
1万円~
下限・上限なし
30万円~1億円
下限・上限なし
1万円~
100万円~5000万円
非公開
30万円~3億円
10万円~
~1億円
50万円~5000万円
30万円~上限なし
S-COM30万円~1億円
20万円〜5,000万円

ご覧のように、売掛金額の大きさや規模により審査に通過しやすいかどうかも決まってきます。

ファクタリングの審査に落ちる!通らない場合の理由

「ファクタリングの審査に落ちた!」「何社か審査したけど通らない理由がわからない!」と嘆き悲しむ人もいます。

そのような方によくあるファクタリングの審査に落ちやすい人の特徴や理由は下記になります。

ファクタリング審査に落ちる理由
  • 申込み時の情報と提出書類の情報に乖離がある
  • 必要書類に過不足がある
  • 売掛債権が証明できる証拠が掲示できない
  • 売掛債権が単発かつ少額の案件である
  • 売掛先の経営状況が悪い
  • 売掛金の支払い期間がやたら長い

上記の項目に当てはまる人はファクタリング審査に落ちや水傾向があるため注意しましょう。

ファクタリングの審査に通りやすくする方法

ファクタリングは利用者の売掛債権を期日より前に現金化することを目的とした資金調達であるため「スピード」が何よりも大切です。

ファクタリングの利用前の支払期日と何ら変わりない入金日になってしまったら元も子もないですからね。

ここでは、そうしたファクタリングスピードの肝である「審査を通りやすくする方法」を解説します。

ファクタリング審査を通りやすくする方法
  • 3者間ファクタリングを使う
  • 信用力の高い売掛債権にする(大手・上場企業等)
  • 審査通過率が高いファクタリング会社を選ぶ
  • 複数会社に相見積もりをする

3者間ファクタリングを使う

3社間(三社間)ファクタリングとは、「利用者(ファクタリングサービスを利用する会社または個人事業主」「ファクタリング会社」「取引先(売掛先)」の3社で取引を行う仕組みになります。

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと比べ審査が通過しやすい傾向にあります。

3社間ファクタリングでは売掛先が契約スキームに入るため、ファクタリング会社がよりリスクを負わず取引の透明性が担保できるからです。「審査通過率」は「未回収リスク」と密接に関係するため、未回収リスクが低ければ低いほど審査が通過しやすいくなり結果として手数料も安くなります。

信用力の高い売掛債権にする(大手・上場企業等)

信用力の高い取引先の売掛債権にすることも審査を通過しやすくするコツです。

取引先の信用力が高ければ高いほど、ファクタリング会社の未回収リスクは極小化されるため結果として審査通過率もあがります。

特に公的機関・上場企業・大手企業など経営状況を対外的に公開し経営の見える化・担保がされている企業が望ましいです。

審査通過率が高いファクタリング会社を選ぶ

審査通過率が高いファクタリング会社を選ぶことも大切です。

ファクタリング会社は世の中に数百社ほどあるため、業者ごとに通過率や審査方法も少しづつ異なります。

複数会社に相見積もりをする

前述したように、ファクタリングの通過率は会社により異なりますが、「通過しやすい」「通過しにくい」は実際に見積依頼をしなければ厳密にはわからないという事もあります。

そのため、まずは2~3社のファクタリング会社に複数の相見積もりを依頼する事で全体の通過率を上げる施策も有効になります。

ファクタリング会社への複数相見積もり

更には、複数見積を依頼することで手数料の低減や、相場理解ができるため特別急ぎではない限り何社かに相見積もりを取りましょう。

当サイトで最もおすすめしているファクタリング会社を知りたい方は下記記事をご覧ください。

▼法人・個人総合向けファクタリング会社おすすめランキング

▼個人事業主・フリーランス向けファクタリング会社おすすめランキング

ファクタリング審査なし・甘い会社はあるのか?

審査が緩いファクタリング会社の実態を解説します。

審査なしのファクタリング会社はない

結論、審査なしのファクタリング会社はありません。

ファクタリングは売掛債権をもとに一定のリスクをファクタリング会社が背負う事で成り立つ仕組みです。

そのため、もし審査をしない会社や業者があるなら、まず怪しい業者と疑ってよいでしょう。

一方で、昨今ではAI審査なども出てきているため、従来の審査よりはよりデジタル化されスピード感も早くなっています。

審査が甘いのは2社間より3社間ファクタリング

一方で、審査なしは存在しませんが、審査が甘いファクタリングならあります。

それは3社間ファクタリングです。

3社間ファクタリングは2社間ファクタリングと比べると、取引先を介する契約のため未回収リスクが低減され審査が甘く手数料も低くなります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

そのため、売掛先(取引先)へのファクタリングの通知・承諾ができる売掛債権であれば2社間よりも3社間を利用した方が審査は通過しやすいと言えます。

おすすめのファクタリング業者3選

当サイトで行う「ファクタリングおすすめ比較ランキング調査」で、総合的な点数も高く審査通過率も評判の高いおすすめファクタリング会社を紹介します。

QuQuMo(ククモ)オンライン

公式サイト
運営会社株式会社アクティブサポート
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類2社間ファクタリングに対応
3社間ファクタリングに非対応
入金スピード最短即日(最短2時間)
買取金額下限・上限なし
※累計取扱高900億円以上
手数料1%~14.8%
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率は非公開
必要書類・本人確認書類(身分証・運転免許証)
・買取対象の請求書
・通帳のコピー
営業時間調査中

2024年5月の最新情報を元に作成

(ククモオンライン)は株式会社アクティブサポートが提供する法人・個人事業主向け即日ファクタリングサービスです。「リピート率1位」「サービス乗換実績1位」「口コミ人気1位」と業界トップを牽引する圧倒的な実績を誇る人気サービスです。

QuQuMo(ククモ)の特徴として、業界最安水準の手数料1%がありコストを低く抑えたい個人事業主・フリーランスには最適なサービスと言えるでしょう。更には、入金速度も最短2時間と脅威のスピードを誇り、買取下限もなく少額利用ができます。

\ 個人事業主から圧倒的支持率/

ビートトレーディング【2社間・3社間両方対応】

公式サイト
運営会社株式会社ビートレーディング
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類2社間ファクタリングに対応
3社間ファクタリングに対応
入金スピード最短即日(最短5時間)
買取金額下限・上限なし
※累計取扱高900億円以上
手数料2社間ファクタリング:4%~12%
3社間ファクタリング:2%~9%
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率は非公開
必要書類・本人確認書類(身分証・運転免許証)
・買取対象の請求書
・通帳のコピー
営業時間調査中

2024年5月の最新情報を元に作成

は大手株式会社ビートレーディングが提供する法人・個人事業主向けの即日ファクタリングサービスです。月間契約数800件以上のファクタリング業界のパイオニアです。

ビートレーディングの最大の特徴は2社間・3社間ファクタリングの両方に対応しており、業界No1の買取額・利用者数を誇る業界最大手の安心感と実績があることです。個人事業主向けの対応の実績も多く、安心して利用することができますね。

\ 業界最大手の人気ファクタリング/

日本中小企業金融サポート機構【2社間・3社間両方対応】

公式サイト
運営会社一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類3社間ファクタリングに対応
2社間ファクタリングに対応
入金スピード最短即日(最短30分で審査完了)
買取金額非公開
手数料1.5%~10%
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率95%
必要書類・申込書
・通称のコピー(3カ月分)
・請求書・契約書
・身分証明書
営業時間調査中

2024年5月の最新情報を元に作成

は一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構が提供する法人・個人事業主向けファクタリングサービスです。一般社団法人による運用のため、良心的な手数料1.5%を実現しています。

他社にない特徴として、経営革新等支援機関認定の補助金申請が可能であるため、ファクタリングだけでない総合的な資金繰りのサポートを求める個人事業主・フリーランスに特におすすめです。

\ 一般社団法人だからできることが沢山/

トップマネジメント【2社間・3社間両方対応】

公式サイト
運営会社株式会社トップ・マネジメント
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類3社間ファクタリングに対応
2社間ファクタリングに対応
入金スピード最短即日
買取金額30万円~3億円
※累計買取高100億円
手数料2社間ファクタリング:3.5%~12.5%
3社間ファクタリング:0.5%~3.5%
(ゼロファク利用時最大10%の優遇措置あり)
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率は非公開
必要書類・事業主様の本人確認書類
・売却希望(売掛金)の請求書
・昨年度の決算書
・直近7ヶ月の入出金明細
※添付データはPDFまたはjpgにてお願いします。
営業時間調査中

2024年5月の最新情報を元に作成

は株式会社トップマネジメントが提供する法人・個人事業主向けの即日ファクタリングサービスです。累計買取高100億円の45,000件を超える安心な取引実績となっており安心感が評判のサービスです。

\ 圧倒的な実績を求めるなら/

まとめ

最後にまとめです。

ファクタリングの審査基準を振り返りましょう。

自分にピッタリ合うファクタリング会社・サービスを選ぼう!

個人事業主・フリーランス向け

下記はファクタリングに関連する記事となります。

ファクタリングの審査基準・審査に落ちる理由や通りやすくする方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次