【2024年6月最新】フリーランスエージェントランキング▶

PayTodayの評判と口コミは?審査・手数料・必要書類を解説【2024年最新】

  • URLをコピーしました!

<景品法人法に基づく表記>本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれている場合があります。

PayToday(ペイトゥデイ)とは、法人・個人事業主向けのファクタリングサービスです。

評判や口コミでは「手数料1%~9.5%で業界最安」「即日振込最短30分」「累計申込額20億円突破の安心感」などで定評ですが、悪い所も含めてぶっちゃけの評判は?と気になっていませんでしょうか?

本記事では、評判のファクタリングサービスである「PayTodayがあなたに合っているサービスなのか?」を、ファクタリング会社を数十社以上調査している筆者が解説していきます。

公式サイトへ

一目でわかるPayTodayの特徴

公式サイト
運営会社Dual Life Partners株式会社
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類3社間ファクタリングに非対応
2社間ファクタリングに対応
入金スピード最短即日(最短60分)
買取金額下限・上限なし
手数料1%~9.5%
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率は非公開
必要書類・本人確認書類(身分証・運転免許証)
・買取対象の請求書
・通帳のコピー
営業時間調査中

2024年6月の最新情報を元に作成

▼おすすめファクタリング会社ランキング

手数料・買取可能金額・償還請求権有無・入金スピード・オンライン完結有無・運営会社など評価基準別にファクタリング会社を比較をしたい方は、20社以上を調査した「ファクタリングおすすめ比較ランキング」も合わせてご覧ください。

フリーダッシュマン

成長のための資金調達の手段として、ファクタリングが注目を集めていると中小企業庁からレポートが出ているよ!

▼2020年4月債権法改正

2020年の債権法改正によって、ファクタリングを活用した資金調達がしやすくなったという背景があります。参考:法務省

執筆者

フリーダッシュマン

フリーダッシュ運営者


外資戦略コンサル(管理職)として、M&A・事業再生・JV設立など企業支援を行い現在は会社経営者として独立。ベンチャー企業への資金調達アドバイザリも行う。個人事業主や法人経営の経験を持ち、現在は、エージェント事業、経営戦略コンサル事業、フリーランス向け(コンサル、エンジニア、デザイナーなど)の独立/開業相談、ブログ運営を行う。

フリーランスの高額案件ならコンサルフリー
フリーランスの高額案件ならコンサルフリー
目次

評判のPayTodayとは?

PayTodayとは?

の基本情報をまずは解説します。

運営会社はDual Life Partners株式会社

PayTodayを提供する運営会社は「Dual Life Partners株式会社」です。

区分内容
会社名Dual Life Partners株式会社
提供サービス
設立平成28年4月
資本金非公開
代表者矢野 名都子
所在地東京都港区南青山2-2-6 ラセーナ南青山7F
業務内容不動産仲介、管理事業
ライフスタイル提案
不動産による資産形成コンサルティング
不動産関連メディア・ITサービス事業

Dual Life Partners株式会社は、不動産支援事業、IT事業を展開しています。

請求書買取AIファクタリングサービスを提供

事業のひとつとして法人や個人事業主向けAIファクタリング事業の「」があります。

ファクタリングとは、法人や個人事業主などの資金繰りで困っている利用者が「入金期日より前に早く現金化が可能になるサービス」です。

2021年1月15日にリリースされまだ歴史の浅いサービスとなのですが、リリースわずか3カ月で買取総額1億円を突破し、現在では総額20億円を突破する超スピード成長をしています。

ファクタリングサービスで解決する悩み(例)
  • 資金が不足していて支払いが間に合わない
  • 売掛金の入金期日までの回収に時間がかかり資金繰りがまわってない
  • 金融機関の銀行融資は審査が厳しく手続きにも時間がかかる

請求書や注文書などをファクタリング事業者が買取るため「請求書買取サービス」「先払いサービス」とも呼ばれたりします。

法人向け

PayTodayは中小企業を中心に法人利用が可能です。

ベンチャー企業・スタートアップや、地方中小企業等資金繰りに困っている法人の支援をしており、全体の約68%が利用しています。

個人事業主フリーランス向け

PayTodayは、個人事業主フリーランスの方の利用も可能です。

全体の約32%が利用しています。個人事業主の場合は少額でのファクタリングができる点も魅力です。

一方注意点として、個人事業主/フリーランスの方の申込はできますが、個人の方は申込対象外になるため、まだ開業届を出していない人は出すようにしましょう。

また、ファクタリングサービスは沢山の会社があり、どれを使うべきか悩む人も多いので【≫おすすめなファクタリング会社を徹底比較】も一緒にご覧ください。

公式サイトへ

PayTodayの特徴と他社との違い【徹底比較】

PayTodayの特徴と他社との違い【徹底比較】

のサービス特徴を解説していきます。

ここでは、【≫おすすめなファクタリング会社を徹底比較】の10社以上のファクタリング会社の調査結果をもとに、「PayTodayならではの特徴」をご紹介します。

他社と比較したPayTodayの特徴

【総合評価結果】

取引実績
少ない
多い
買取手数料
高い
安い
調達可能額
少ない
多い
入金スピード
遅い
早い
審査基準
合格率低
合格率高

公式サイトへ

取引実績

PayTodayの取引実績は「累計買取額20億円以上」となります。

2021年にサービスを開始してまだ歴史が浅いのですが、脅威のスピードで成長しています。

大きな理由としては、サービスの手数料が最安でありサポートも充実している点が考えられます。

契約方式(2社間・3社間)

PayTodayの契約方式は2社間ファクタリングを専門しています。

2社間と3社間のファクタリングは使用用途やメリット・デメリットが異なるため、ケースバイケースで使い分ける必要があります。

区分2社間ファクタリング3社間ファクタリング
契約範囲利用者・ファクタリング会社利用者・ファクタリング会社・売掛先
メリット売掛債権の売却を売掛先(取引先)にバレずに資金調達が可能ファクタリング会社目線では売掛金未回収リスクが低減される
2社間取引よりも手数料が低くなる
デメリットファクタリング会社側で買取手数料が発生する売掛先からの承認が必要
2社間よりも手続きに時間がかかる

買取手数料

PayTodayの買取手数料は「1%~9.5%」となっています。

他の会社と比べても業界トップクラスの手数料であることがわかりますね。

【手数料比較一覧】人気ファクタリング会社

ファクタリング業者手数料
1%~14.8%
10%(固定)
2%~12%
2%~
1.5%~10%
10%(固定)
1%~15%
3%~10%
3.5%~12.5%
3%~
1%~9.5%
2%~14.9%
5%~
1.5%~
S-COM1.5%~12%
3%~20%

調達可能額(下限・上限)

PayTodayの調達可能金額は「下限・上限がありません」となっています。

【可能額比較一覧】人気ファクタリング会社

ファクタリング業者買取可能額
下限・上限なし
1万円~
下限・上限なし
30万円~1億円
下限・上限なし
1万円~
100万円~5000万円
非公開
30万円~3億円
10万円~
~1億円
50万円~5000万円
30万円~上限なし
S-COM30万円~1億円
20万円〜5,000万円

他ファクタリング会社では下限があり少額に対応できないため、下限・上限がない点はメリットと言えます。

入金スピード(即日性)

PayTodayの入金スピードは、入金まで最短30時間と即日振込での現金化が可能です。

【入金スピード比較一覧】人気ファクタリング会社

ファクタリング業者入金スピード
最短2時間
最短10分
最短5時間
最短1日
最短1日
最短60分
最短60分
最短1日
最短1日
最短1日
最短30分
最短2時間
最短1日
最短1日
S-COM最短当日
最短1日

他にも最速を競い合うと、10分があるため、即日以内のスピード調達ができる特徴があります。

オンライン完結(来店不要)

PayTodayでの手続きは「来店不要の完全オンライン完結」になります。

そのため日本全国に対応し、来訪などの無駄な時間を使いません。

債権譲渡登記

PayTodayは債権譲渡登記が必要ありません。

債権譲渡登記とは?
債権譲渡登記制度は、法人がする金銭債権の譲渡などについて、簡便に債務者以外の第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。

引用法務省 公式サイトより

サービスを利用する人が複数になる場合、売掛債権を所有する責任者の判断が難しいため、債権譲渡登記が求められることがあります。

しかし、債権譲渡登記の手続きには時間がかかるため、それがいらない点は重要なポイントです。

必要書類(請求書・注文書など)

PayTodayの場合「審査時」と「契約時」で必要書類が異なります。

法人の場合

  • 直近の決算書一式(勘定科目内訳明細書 含)
  • 全ての法人名義口座の直近6か月分以上の入出金明細(通帳コピーorインターネットバンキングの明細etc.)
  • 買取を希望する請求書
  • 代表者の本人確認書類(免許証、パスポートなど顔写真付きのもの)

個人事業主の場合

  • 直近の確定申告書B一式(収支内訳書 含)
  • 全ての事業用個人名義口座の直近6か月分以上の入出金明細(通帳コピーorインターネットバンキングの明細etc.)
  • 買取を希望する請求書
  • 申込人の本人確認書類(免許証、パスポートなど顔写真付きのもの)

審査基準と厳しさ(通過率)

PayTodayの審査は即日に対応できるオンラインシステム構築・人材体制を整備し、AI審査基準により行われています。

そのため、当日の請求書買取が可能となっており迅速な手続きができます。

更には、審査通過率も公式サイトでオンライン査定結果をすぐ見れる点も魅力的です。

公式サイトへ

PayTodayを利用するメリット

PayTodayを利用するメリット

を利用する際のメリットは大きく5つあります。

PayTodayのメリット
  1. 業界最低水準の1%から9.5%の買取り手数料
  2. 完全オンラインで最短30分の即日入金
  3. 2社間ファクタリングで取引先に通知が不要
  4. AIファクタリングによる与信審査
  5. 24時間受付対応可能(土日・祝日でもOK)

①業界最低水準の1%から9.5%の買取り手数料

PayTodayの最大のメリットは業界最安水準1%からの手数料である事です。

更には、上限9.5%と決まっているため、高い手数料が取られる心配がありません。

例えば、他のファクタリング会社の場合は10%,15%などの手数料が取られてしまう場合もありますが、「最高でも9.5%」というのは破格の手数料となります。

②完全オンラインで最短30分の即日入金

PayTodayは完全オンラインで来訪不要でWEB完結で手続きができます。

他ファクタリング会社では、審査はWEBでできるけど契約は訪問してください、というところもあり、オンラインで完全完結する点はメリットと言えるでしょう。

更には、最短30分入金で業界トップクラスの速さを誇ります。(Pay Today = 今日払う、というサービス名ですからね)

③2社間ファクタリングで取引先に通知が不要

PayTodayは2社間ファクタリングを専門としているファクタリング事業者です。

2社間のメリットは、売掛先に通知がいかずバレずに請求書買取をファクタリング会社↔利用者間でできるため、対外的な印象に影響がありません。

④AIファクタリングによる与信審査

PayTodayでは独自のAIにより与信審査をしており、なんといっても「超早い」です。

公式サイトで見ていただくようにすぐに自分の審査通過率や買取可能額が見れるため、合い見積もりの際でも簡単に利用できます。

⑤24時間受付対応可能(土日・祝日でもOK)

PayTodayの営業時間は平日 10:00-17:00となりますが、メールやお問い合わせフォームからのお問い合わせは24時間受け付けています。

営業時間外は受けつけさない会社も多いため大きなメリットです。

公式サイトへ

PayTodayを利用するデメリットと注意点

PayTodayを利用するデメリットと注意点

を利用する際のデメリットを見てみましょう。

PayTodayのデメリット
  1. 3社間ファクタリングに対応していない
  2. 必要書類が他社と比べて多い
  3. サービスの歴史がまだ浅い

①3社間ファクタリングに対応していない

PayTodayは2社間ファクタリング専門の会社です。

そのため3社間ファクタリングが必要な場合は他を探す必要があります。

3社間対応のファクタリング会社

2社間・3社間の両方に対応できる業界のパイオニア企業です。月間契約数800件以上で業界ダントツの実績があります

②必要書類が他社と比べて多い

PayTodayのデメリットは、必要書類が他社と比べて少し多めである事です。

比べる会社にもよりますが、必要書類が多い事で書類入手時間がかかってしまう点はデメリットと言えます。

必要書類が少ないファクタリング会社

必要書類が2点だけでできるファクタリング会社です。①売掛債権に関する書類(請求書・注文書)、②通帳のコピー、があれば審査ができます。

③サービスの歴史がまだ浅い

PayTodayは2021年にサービスローンチした急成長サービスです。

累計買取額は20億円を突破し十分な実績を有していますが、歴史がまだ浅い点でデメリットがあります。

サービス歴・実績のあるファクタリング会社

2019年創業でまだ若いですが資本金3億円越えで累計1万人が利用する今話題のファクタリング会社です。

2012年創業で年間契約数800件、取引実績3.7万社、累計買取額900億円の業界ダントツの実績を持つファクタリング会社です。

公式サイトへ

怪しい?PayTodayの評判と口コミ

怪しい?PayTodayの評判と口コミ

を実際に利用する人の評判や口コミを見てみましょう。

良い評判と口コミ

良い口コミ

急ぎで資金調達の必要がありましたが、ai審査導入しているとのことで、申請から5時間くらいで着金があり助かりました。また手数料も8パーセントと他社と比べて割安でした。(Google Map 口コミ)

良い口コミ

急ぎで資金調達の必要がありましたが、評判通り申請から50分で入金あり助かりました。(Google Map 口コミ)

悪い評判と口コミ

悪い口コミはありませんでした。(サービス歴がまだ浅いことが原因と考えられます)

公式サイトへ

PayTodayの申し込みから入金までの流れ

PayTodayの申し込みから入金までの流れ

を利用したい方向けに、申込から入金までの流れを解説します。

Step1.アカウント作成

まずは公式サイトで個人のアカウントを無料で作成します。

Step2.オンライン申請(必要書類アップロード)

審査をするために売掛金情報などの書類をアップロードします。

  • 代表者様の本人確認書類
  • 売却する対象の請求書
  • 直近6カ月以上の入出金明細
  • 昨年度の決算書

Step3.審査

提出した情報を元に、PayToday独自のAI審査システムで買取可否が判定されます。

審査結果は最短15分〜、24時間以内にメールで受領できます。

Step4.契約・入金(最短即日)

契約完了後は、即日ご指定の銀行口座に買取金額が入金されます。
※時間帯によって翌営業日になる場合があります。

公式サイトへ

PayToday以外におすすめしたい他ファクタリング会社

は優良なサービスですが、他にもおすすめしたいファクタリング会社を3つ紹介します。

QuQuMo Online(ククモオンライン)

公式サイト
運営会社株式会社アクティブサポート
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類2社間ファクタリングに対応
3社間ファクタリングに非対応
入金スピード最短即日(最短2時間)
買取金額下限・上限なし
※累計取扱高900億円以上
手数料1%~14.8%
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率は非公開
必要書類・本人確認書類(身分証・運転免許証)
・買取対象の請求書
・通帳のコピー
営業時間調査中

2024年6月の最新情報を元に作成

ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)

公式サイト
運営会社ペイトナー株式会社(旧yup株式会社)
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類2社間ファクタリングに対応
3社間ファクタリングに非対応
入金スピード最短即日(最短24時間)
買取金額下限1万円~
手数料10%(固定型)
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率は非公開
必要書類・本人確認書類(身分証・運転免許証)
・買取対象の請求書
・通帳のコピー
営業時間調査中

2024年6月の最新情報を元に作成

ビートレーディング(Be Trading)

公式サイト
運営会社株式会社ビートレーディング
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類2社間ファクタリングに対応
3社間ファクタリングに対応
入金スピード最短即日(最短5時間)
買取金額下限・上限なし
※累計取扱高900億円以上
手数料2社間ファクタリング:4%~12%
3社間ファクタリング:2%~9%
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率は非公開
必要書類・本人確認書類(身分証・運転免許証)
・買取対象の請求書
・通帳のコピー
営業時間調査中

2024年6月の最新情報を元に作成

ファクタリングサービス利用時のよくある質問

公式サイトへ

【まとめ】PayTodayはこんな人におすすめ!

最後にまとめです。

PayToday特徴
  • 業界最低水準の1%から9.5%の買取り手数料
  • 完全オンラインで最短30分の即日入金
  • 2社間ファクタリングで取引先に通知が不要
  • AIファクタリングによる与信審査
  • 24時間受付対応可能(土日・祝日でもOK)

上記の特徴を踏まえ、

  • なるべく安い手数料が良い!
  • 手数料の上限があるところが良い!
  • オンライン完結がいい!
  • 土日、祝日も対応してくれるところがいい!

という方におすすめなサービスです。

公式サイトへ

他のファクタリング会社も見たい人へ

本ブログでは、ファクタリング会社を徹底調査しランク付けをしています。

気になる方は【≫おすすめなファクタリング会社を徹底比較】をご覧ください。

筆者一押しのファクタリング会社はこれ!

2023年6月~2024年6月

]
人気のファクタリングトップ3

QUQUMO(ククモ)

総合評価
5.0

は業界最安値の手数料1%~14.8%で最短2時間の資金調達ができるファクタリングサービス。当サイトで最もおすすめしている人気ファクタリング会社。

  • 対象:法人・個人事業主
  • 手数料:最低1%~14.8%
  • 種類:2社間に対応
  • 買取金額:下限・上限なし
  • 契約方法:オンライン

手数料1%の業界最安で大人気/

ビートレーディング

総合評価
4.5

は累計取扱高900億円、取引件数3.7万社の国内最大級のファクタリング会社。東京・仙台・大阪・福岡に拠点があり全国対応が可能

  • 対象:法人・個人事業主
  • 手数料:最低2%~
  • 種類:2社間・3社間に対応
  • 買取金額:無制限
  • 契約方法:オンライン・対面

業界最大級の顧客満足度No1の安心感/

日本中小企業金融サポート機構ロゴ

総合評価
4.5

は一般社団法人の非営利団体が運営する安心のファクタリングサービス。最短30分のスピード調達で審査通過率95%以上と高い人気がある。

  • 対象:法人・個人事業主
  • 手数料:最低1.5%~
  • 種類:2社間・3社間に対応
  • 買取金額:下限・上限なし
  • 契約方法:オンライン・郵送

手数料1.5%の非営利団体の安心感/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次