【2023年8月最新】フリーランスエージェントランキング▶

2社間ファクタリングとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

2社間ファクタリングとは?仕組みやメリット・デメリットを解説
  • URLをコピーしました!

<景品法人法に基づく表記>本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれている場合があります。

2社間ファクタリングとは、ファクタリング利用者とファクタリング会社のみで取引を行うファクタリング方式です。

ファクタリングサービスには「2社間」「3社間」の仕組みがありますが、下記のようにそれぞれメリット・デメリットが異なります。

観点2社間
ファクタリング
3社間
ファクタリング
手数料3社間より高い
(10%~30%)
2社間より安い
(1%~10%)
取引先(売掛先)
への通知・承諾
通知・承諾が不要
(バレない)
通知・承諾が必要
(バレる)
現金化の早さ早い遅い
債権譲渡登記原則必要不要
2社間・3社間ファクタリングの違い比較一覧

本記事では、2社間ファクタリングサービスの検討をしている方向けに「2社間ファクタリングの仕組みやメリット・デメリット」「2社間ファクタリングに向いている人の特徴」にフォーカスし解説していきます。

執筆者

フリーダッシュマン

フリーダッシュ運営者


外資戦略コンサル(管理職)として、M&A・事業再生・JV設立など企業支援を行い現在は会社経営者として独立。ベンチャー企業への資金調達アドバイザリも行う。個人事業主や法人経営の経験を持ち、現在は、エージェント事業、経営戦略コンサル事業、フリーランス向け(コンサル、エンジニア、デザイナーなど)の独立/開業相談、ブログ運営を行う。

▼おすすめファクタリングサービス

ファクタリングサービスを選ぶ上で重要となる「運営会社情報」「手数料」「買取可能額(下限・上限)」「入金スピード」「審査通過率」「2社間・3社間の種類」別にランキング形式で比較したい方は「ファクタリング会社おすすめ比較ランキング」も合わせてお読みください。

フリーダッシュマン

成長のための資金調達の手段として、ファクタリングが注目を集めていると中小企業庁からレポートが出ているよ!

▼2020年4月債権法改正

2020年の債権法改正によって、ファクタリングを活用した資金調達がしやすくなったという背景があります。参考:法務省

2023年9月最新
人気のファクタリングトップ3

QUQUMO(ククモ)

総合評価
5.0

は業界最安値の手数料1%~14.8%で最短2時間の資金調達ができるファクタリングサービス。当サイトで最もおすすめしている人気ファクタリング会社。

  • 対象:法人・個人事業主
  • 手数料:最低1%~14.8%
  • 種類:2社間に対応
  • 買取金額:下限・上限なし
  • 契約方法:オンライン

手数料1%の業界最安で大人気/

ビートレーディング

総合評価
4.5

は累計取扱高900億円、取引件数3.7万社の国内最大級のファクタリング会社。東京・仙台・大阪・福岡に拠点があり全国対応が可能

  • 対象:法人・個人事業主
  • 手数料:最低2%~
  • 種類:2社間・3社間に対応
  • 買取金額:無制限
  • 契約方法:オンライン・対面

業界最大級の顧客満足度No1の安心感/

日本中小企業金融サポート機構ロゴ

総合評価
4.5

は一般社団法人の非営利団体が運営する安心のファクタリングサービス。最短30分のスピード調達で審査通過率95%以上と高い人気がある。

  • 対象:法人・個人事業主
  • 手数料:最低1.5%~
  • 種類:2社間・3社間に対応
  • 買取金額:下限・上限なし
  • 契約方法:オンライン・郵送

手数料1.5%の非営利団体の安心感/

コンサルフリー
コンサルフリー
目次

2社間ファクタリングとは

2社間(二社間)ファクタリングとは、「利用者(ファクタリングサービスを利用する会社または個人事業主」「ファクタリング会社」のみで取引を行う仕組みになります。

そもそも、ファクタリングとは法人や個人事業主の資金調達の一つとして、事業者が保有する売掛債権等を期日前にファクタリング会社に売却するサービスです。

法的には債権の売買(債権譲渡)契約になります。売掛債権とは、商品やサービスを販売した事業者が顧客に請求できる権利のことです。

ファクタリング(factoring)とは?

下図のように、ファクタリングの種類には「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」の種類があります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い
観点2社間
ファクタリング
3社間
ファクタリング
手数料3社間より高い
(10%~30%)
2社間より安い
(2%~20%)
取引先(売掛先)
への通知・承諾
通知・承諾が不要
(バレない)
通知・承諾が必要
(バレる)
現金化の早さ早い遅い
債権譲渡登記*1原則必要不要
2社間・3社間ファクタリングの違い比較一覧

2社間ファクタリングの仕組み

2社間ファクタリングの契約の仕組みは「利用者(ファクタリングサービスを利用する中小企業法人や個人事業主)」と「ファクタリング会社」の2社の実が主体となる取引です。

2社間ファクタリングの仕組み
メリット取引先(売掛先)への通知が不要・バレない
申し込みから現金化の手続きが早い
デメリット手数料が3社間ファクタリングより高い
債権譲渡登記が必要

上表のように、2社間ファクタリングは取引先にファクタリングサービス利用の通知や承諾がいらない事から、売掛先にファクタリング利用がバレたくない個人事業主の自営業やフリーランスの方が多く利用されています。

2社間ファクタリングのメリットとおすすめする理由

2社間ファクタリングを利用するメリットは下記になります。

2社間ファクタリングを利用するメリット
  • 売掛先に通知されず取引がバレない
  • 資金調達スピードが早い
  • 償還請求権が発生しない

売掛先に通知されず取引がバレない

2社間ファクタリングの最大のメリットは売掛先に取引通知や承諾をすることなく取引ができる事です。

そのため、売掛先(取引先)に利用事実がバレないため、既存の取引に影響する心配がありません。

一方で3社間ファクタリングの場合は取引通知や承諾が必要であり、取引先によっては「資金繰りが危ないのか」「今後取引をするうえで心配だ」と懸念を抱かれるリスクがあります。

資金調達スピードが早い

2社間ファクタリングは3社間ファクタリングに比べ申込から現金化までの資金調達スピードが早い点もメリットです。

取引先が成約スキームに存在しないため、申し込み・必要書類の準備・審査・契約手続きなどの一連のファクタリングの流れを簡素化することができるからです。

そのため、2社間ファクタリングで人気なは最短即日または数時間で現金化できる仕組みになっています。

償還請求権が発生しない

償還請求権(リコース)とは、債務者から売掛債権を支払われない場合に、売掛債権を遡りファクタリング会社が利用者に直接請求できる権利のことを言います。

そのため、仮に取引先が倒産した場合は貸し倒れリスクになり利用者にとっても大きな損益を出すことになります。

対して、2社間ファクタリングは償還請求権なし(ノンリコース)である場合が多いため、資金力のない中小企業法人や個人事業主フリーランスが利用する場合が多くあります。

2社間ファクタリングのデメリットと注意点

2社間ファクタリングのデメリットや注意点を紹介します。

2社間ファクタリングのデメリット
  • 手数料が3社間ファクタリングより高い
  • 債権譲渡登記が必要になる

手数料が3社間ファクタリングより高い

2社間ファクタリングの手数料の相場は10%~30%が一般的です。

下記は2社間・3社間の手数料相場の比較表です。

2社間ファクタリング10%~30%
3社間ファクタリング1%~10%

ご覧のように2社間の方が3社間より高くなってしまう事はデメリットと言えます。

理由としては、2社間ファクタリングが取引先に通知を不要としている一方で、3社間は売掛先に通知されファクタリング会社へ直接売掛金が支払われるため、未回収のリスクが低くなるからです。

ファクタリングの手数料相場を詳しく知りたい方は下記記事も参考にしてみてください。

債権譲渡登記が必要になる

ファクタリングの契約で、債権譲渡登記を求められる場合があります。

債権譲渡登記制度とは?

債権譲渡登記制度は,法人がする金銭債権の譲渡や金銭債権を目的とする質権の設定について,簡便に債務者以外の第三者に対する対抗要件を備えるための制度です。

引用:法務省 第1 債権譲渡登記制度とは?

債権譲渡登記は第三者に対抗要件を取得できるメリットがありますが、デメリットとして売掛先の企業に通知が行き取引が知られてしまうことや、登記費用として数千円~数万円ほどかかることが挙げられます。

2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記が必要になる場合がほとんどです。

2社間ファクタリングはどんな人におすすめ?

2社間ファクタリングのメリット・デメリットを紹介しましたが、改めてどのような方に向いているのか?まとめてみました。

2社間ファクタリングが向いている人

結論、下記の特徴を持つ方は2社間ファクタリングが向いています。

こんな人におすすめ!
2社間ファクタリング
に向いている人
  • 即日に売掛金を現金化したい人
  • 売掛先にファクタリングの利用事実を知られたくない人
  • 償還請求権なしが良い人

特に、中小零細企業の法人や個人事業主のフリーランスや自営業者の方は2社間ファクタリングを利用することが多いです。

そのため、実際のファクタリング会社を見ても2社間ファクタリングのみに対応している業者が多くあります。

当サイトで最もおすすめしているファクタリング会社を知りたい方は下記記事をご覧ください。

▼法人・個人総合向けファクタリング会社おすすめランキング

▼個人事業主・フリーランス向けファクタリング会社おすすめランキング

2社間ファクタリングが向いていない人

一方で2社間ファクタリング会社が向いていない人は下記になります。

2社間ファクタリング
に向いていない人
  • 手数料を安くしたい人
  • 売掛先にファクタリングの事実が通知・承諾されても問題ない人
  • 売掛金の現金化のスピードが遅くてもいい人

特に、資金力がある程度ある規模の大きな法人などは2社間ファクタリングではなく、3社間ファクタリングを利用するケースがあります。

3社間ファクタリングは売掛先も契約スキームに入るため、取引の透明性が担保できるため、急ぎでない人には向いていると言えるでしょう。

2社間ファクタリングの違法性

結論から言うと、2社間ファクタリングは違法ではありません。

一方で、

金融庁が公開する「ファクタリングに関する注意喚起」では、ファクタリング利用に伴い下記のような注意を警告しています。

「給与ファクタリング」などと称して、業として、個人(労働者)が使用者に対して有する賃金債権を買い取って金銭を交付し、当該個人を通じて当該債権に係る資金の回収を行うことは、貸金業に該当します。

貸金業登録を受けていないヤミ金融業者により、年率換算すると数百~千数百%になる手数料を支払わされたり、大声での恫喝や勤務先への連絡といった私生活の平穏を害するような悪質な取立ての被害を受けたりする危険性があります。

引用:金融庁 ファクタリングに関する注意喚起

詳しくはファクタリング利用初心者向けに解説している下記記事で詳細解説しています。

おすすめの2社間ファクタリング会社

当サイトで行う「ファクタリングおすすめ比較ランキング調査」で、2社間に対応しており総合的な点数も高いおすすめファクタリング会社3選を紹介します。

QuQuMo(ククモ)オンライン

公式サイト
運営会社株式会社アクティブサポート
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類2社間ファクタリングに対応
3社間ファクタリングに非対応
入金スピード最短即日(最短2時間)
買取金額下限・上限なし
※累計取扱高900億円以上
手数料1%~14.8%
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率は非公開
必要書類・本人確認書類(身分証・運転免許証)
・買取対象の請求書
・通帳のコピー
営業時間調査中
2023年9月最新情報を元に作成

(ククモオンライン)は株式会社アクティブサポートが提供する法人・個人事業主向け即日ファクタリングサービスです。「リピート率1位」「サービス乗換実績1位」「口コミ人気1位」と業界トップを牽引する圧倒的な実績を誇る人気サービスです。

QuQuMo(ククモ)の特徴として、業界最安水準の手数料1%がありコストを低く抑えたい個人事業主・フリーランスには最適なサービスと言えるでしょう。更には、入金速度も最短2時間と脅威のスピードを誇り、買取下限もなく少額利用ができます。

\ 個人事業主から圧倒的支持率/

ビートトレーディング

公式サイト
運営会社株式会社ビートレーディング
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類2社間ファクタリングに対応
3社間ファクタリングに対応
入金スピード最短即日(最短5時間)
買取金額下限・上限なし
※累計取扱高900億円以上
手数料2社間ファクタリング:4%~12%
3社間ファクタリング:2%~9%
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率は非公開
必要書類・本人確認書類(身分証・運転免許証)
・買取対象の請求書
・通帳のコピー
営業時間調査中
2023年9月最新情報を元に作成

は大手株式会社ビートレーディングが提供する法人・個人事業主向けの即日ファクタリングサービスです。月間契約数800件以上のファクタリング業界のパイオニアです。

ビートレーディングの最大の特徴は2社間・3社間ファクタリングの両方に対応しており、業界No1の買取額・利用者数を誇る業界最大手の安心感と実績があることです。個人事業主向けの対応の実績も多く、安心して利用することができますね。

\ 業界最大手の人気ファクタリング/

中小企業金融サポート機構

公式サイト
運営会社一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
利用対象法人、個人事業主、フリーランス
※売掛金がある事
対象業界業界は問わない
取引種類3社間ファクタリングに対応
2社間ファクタリングに対応
入金スピード最短即日(最短30分で審査完了)
買取金額非公開
手数料1.5%~10%
契約方法完全オンライン完結
償還請求権償還請求権なし(ノンリコース)※内容による
債権譲渡登記内容による
審査基準書類審査を元に行われる。
審査通過率95%
必要書類・申込書
・通称のコピー(3カ月分)
・請求書・契約書
・身分証明書
営業時間調査中
2023年9月最新情報を元に作成

は一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構が提供する法人・個人事業主向けファクタリングサービスです。一般社団法人による運用のため、良心的な手数料1.5%を実現しています。

他社にない特徴として、経営革新等支援機関認定の補助金申請が可能であるため、ファクタリングだけでない総合的な資金繰りのサポートを求める個人事業主・フリーランスに特におすすめです。

\ 一般社団法人だからできることが沢山/

まとめ

最後にまとめです。

  • 即日に売掛金を現金化したい人
  • 売掛先にファクタリングの利用事実を知られたくない人
  • 償還請求権なしが良い人

の方は2社間ファクタリングがおすすめになります。

自分にピッタリ合うファクタリング会社・サービスを選ぼう!

個人事業主・フリーランス向け

下記はファクタリングに関連する記事となります。

2社間ファクタリングとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次